2011年10月30日

「観○光」こぼれ話 その2−中原さんがやってきた−


雲のうえ.jpg





中原さんがやってきた。


中原蒼二さんは、うちから500歩のところにある立ち呑み「ヒグラシ文庫」の店主である。
「ヒグラシ文庫」は、永く行き場を失くしていた私に、居場所を与えてくれたありがたい店だ。

ここは、よくある立ち呑みとはまるで違う。何から何まで違う。
まず、立ち呑み屋なのに古本屋を内蔵している。
そして、立ち呑みだから、安いんだから、という投げやりなメニューがいっさいないのである。

豆腐は毎日手作り。
冷奴とは別の塩豆腐にかける「塩だれ」も、
濃い出汁と塩と淡口醤油などを合わせた中原さん特製のもの。旨味たっぷり。
ポテトサラダも北海道直送のじゃがいもで中原さんがていねいに作る。ほんとにおいしい。

塩辛も酒盗も手作り。鯖の燻製も手作り。小ぶりな鯖をさばいて塩で〆て、
さらに塩出しをしてから、燻製にかけるのだという。
私は、これを玉ねぎとサワークリームと一緒にパンにはさんで食べたい。
鯖の燻製をお持ち帰りして、家で作って食べればいいのだけど、
なんだかおもしろくない。
材料を持ち込んで、見せびらかしながら食べたいという
悪い嗜好を持つ、店としてははなはだ迷惑な客であるのだ私は。

でも中原さんは「どうぞ、かまいませんよ」と言って下さるので、
そのうち実現したいとたくらんでおるのだが、
そういう時に限って、お客さんが一人もいなかったりするんだ、これが。

鯖の中骨は船場汁になる。カボスも添えられている。

鶏の変わりつくねは、頸の軟骨が入っていて食感が楽しい。

さんまの刺身もおいしかった。さんまの刺身がこんなに甘いなんて、とただただ感動。
つみれ汁も絶品だった。

私が「熟女のブルース」と呼ぶ「いちぢくとチーズ」がまたなんとも…。
カマンベールとブリーやブルーチーズをブレンドした特製チーズを乾燥いちぢくにはさんである。
これがなんとも「いけませんねェー」という味なのである。
これは圧倒的にワイン向き。

そして圧巻は「まぐろの血合いの燻製」。
生のまぐろが手に入った時だけ、中原さんが作る、ほかでは食べたことのないもの。
血合いの血を抜きながら、旨味は逃さぬように下味をつけて燻製にかける。

これらがすべて200円〜350円という値段。
メニューにない酒盗豆腐を頼んだら、300円で受けてくれた。

営業中も仕込みをしていたりするので、そのていねいな仕事を見ながら呑むのがまた楽しい。
見ているからこそ、こうして解説できるわけで。

いったい、なんなんだ中原さんて。
こんなことができる人っていったい、いったい…...。



ある時、「ポチさん、ちょっと差し上げたいものがあるんです」と言う。
なになに?と聞くと、「いや、つまらない、こんなちょっとした小冊子なんですが」
と言って渡されたのは「雲のうえ」という北九州市の情報誌。

中原さんは多くを語らないが、この本をいただいてから、
しだいに中原さんの半生が解き明かされていった。


「雲のうえ」が他の雑誌に与えた影響は、はかりしれないものがあるのだとわかった。
本屋さんで見かける、雑誌のある潮流の源泉がここにあったのだ。
それとは知らず私は、この手の本作りって最近の流行りなんだなあ、と
「雲のうえ」の子や孫たちを見ていたのだ。

中原さんは「雲のうえ」の仕掛け人、プロデューサーである。

中原さん.jpg




10月17日の夕刻,中原さんは四条新京極にあらわれた。
お互い、高級店などお金を出しておいしいのはあたりまえ、
それをありがたがるのは野暮である、という暗黙の了解がある。
そして何より中原さんは立ち飲みや角打ちが大好き。

で、とりあえず新京極の「スタンド」に入った。
ぶた天、きずし、ポテサラといくつか頼んでふと見ると、
もう数十年ここに棲みついたような顔の中原さんがいる。

なんなんだ、このなじみかた、溶け込みかた、似合いかた。

時々ジャブを出して、からかいながら楽しく呑んで次の店へ。

河原町から一筋東の裏寺。
うちの近所のバー「Mike's」のマイクさん、榊原直哉さんはここ裏寺の出身である。
少年時代のマイクさんが見た景色は何も残っていないけど、
裏寺は独特の匂いがする町だ。
河原町と新京極のはざまの、なんだか町のはらわたのような空気がある。
最近はきれいになってしまったけど。

「たつみ」に入った。
立ち呑み、椅子、座敷とあるのに、メニューも値段もすべて同じ。
「それならやっぱり、立ち、でしょう」と中原さん。
メニューは京都らしいものが多く、「ずいき酢」「いちぢくの胡麻和え」「鯖へしこ」など。
へしこは煮切り酒でけ出しをしてあるらしく、マイルドな仕上がり。
いちぢくは、中原さんのアンテナにひっかかったようで、
次のいちぢくの季節にヒグラシ文庫でいただくのが楽しみ。
私としては、メニューにあるのにできませんと言われた
「かますご焼き」にハゲシク未練を残してしまった。

そこからぐっと気分を変えて、先斗町十五番路地の「実穂」へ。
おかあさんはいなくて、裕子ちゃんだけだったけど、
ひさしぶりの「実穂」を満喫。
こういう店は京都にしかない。

実穂.jpg


もう一軒行きましょうと中原さんにうながされて行った、
西木屋町の店で、またしても私は、


うっ。

となってしまった。
今回は、うっ。どころではない、げげげげげーーーっである。


またしても、とーきちがいたのである。
私は初めて行った店だし、なぜこんなとこにとーきちがいるのか、まったくわからない。

「にょほほほほっ。カナンしぇんしぇい!とーきちの実力がわかりましたかァー??
とーきちは、とーきちは草でございますっ」

とか、わけのわからんことをほざいているが、とーきちの行動を見ているうちに、
実は、この店のお兄ちゃん目当てであることがわかってきた。

そう、とーきちは男が好きなんである。



booz'k.jpg

                                 booz'kのこうちゃんと中原さん


さらに流れ、たどり着いた「booz'k」。
いつも必ずここに帰ってくる、というバー。
マスターの山本晃次、こうちゃんとも長いつきあいだ。
明日、太秦でハモを食べることになってるというと、
ぜひ参加したいと中原さんは言って、一足先に帰っていった。


広沢池.jpg




そして翌日、泉涌寺の当番を終えて、太秦のたかっちゃんこと吉田孝司翁の車で西へ。
夕暮れ時の広沢ノ池でしばし遥かな景色と空を眺めて、
中原さんと合流し、太秦「とっくん」へ。

はも.jpg


はもまつ.jpg


久しぶりのはもしゃぶ、松茸入り、玉ねぎも相性よし。
さらなる牛タン焼き、雑炊ができるころに、
カメラマンのポイこと田口葉子ちゃんもやってきた。

牛たん.jpg


そこから、タッペギを呑みに近所の「まだん」へ。
私はここの上澄みが好きなのだが、今日は中と白しかないという。
それでも、キワキワのおいしさ。



たかっちゃんとポイと中原さんのあいだで、
何か楽しそうなたくらみも芽生えているようだ。

京都と鎌倉を巻き込んだ動きが出てきている。
なんか、楽しくなってきた。



中原さん。

私はお互い晩年になって知り合えた、得難い人だと、
いづれ友達に昇華できればと思っています。






posted by 瓜南直子 at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

「観○光」こぼれ話 その1



京都の家を引き払って拠点がなくなった私が、12日もの京都滞在ができたのは、
ヒロ坊という祖父のかつての弟子のおかげ。
左京区一乗寺にある彼のマンションのゲストルームが借りられたのである。

マンションは疎水に面してあり、大文字山もすぐそこ。
バストイレ、ミニキッチン、広い部屋、セミダブルベッド、デスクにテレビ、テーブルにソファ。
こんなホテル並みの環境で、夜はゆっくり休むことができた。

Image024~01.jpg

                                マンション前の疎水と大文字山




制作中に痛めていた背中と腰が搬入、展示でさらに悪化し、
重い作品の移動を手伝った時に仕上げてしまった。

吐き気がするほどの腰痛というのは初体験だったけど、
他の作家に寝る前の腰痛体操を習ったり、腰に10個もの置き鍼をしてなんとか回復した。



Image026.jpg

                            泉涌寺に通う道すがら東大路沿いでみつけたお店。あまりにそのままなネーミング。





京都にいるあいだに、ほっこりやさしい丼ものを食べたいと思っていた。

滞在3日めの泉涌寺の帰り、
めざした高台寺道の「こまつや」が跡形もなくなっているのにガク然として、
腰をかばいながらなんとか三条京阪にたどり着き、
次にめざした「伏見」が定休日だったことにボー然とし、
三条京阪近くの「篠田屋」に入った。


Image027~00.jpg




ここは前から気になっていたものの、京都に住んでいる時は
なぜか入る気にならなかった。
今回、旅人となってようやく念願が叶い、入ることができた。
外観はごらんの通りの旅心をくすぐる風情。
トクホンの灰皿も泣かせる。



Image024~00.jpg




何を頼もうかなぁ、と思っていたら「皿盛」という短冊が目に入った。
「皿盛」って何ですか、と聞くと
「ご飯にトンカツが乗ってそこにカレーうどんの汁をかけたもの」だという。
これは大いにそそられた。
祖父は「衣笠丼」を頼んだ。九条ねぎとお揚げの卵とじである。

「衣笠丼」は、ねぎも揚げも玉子も醤油に同化したような色合いで、
あまり食欲をそそられる景色ではなく、心なしかうつむき加減で祖父は食べていた。



Image025.jpg




そこへ運ばれてきた「皿盛」は、ごらんのように実に食欲をそそるものだった。
カツが薄いけど、そんなことは気にもならない。
「ほら、こっちが正解!」
と自慢げに言って、スプーンですくって口へ。


うっ。


からい…。ものすごく塩辛い。

淡い出汁の薄いカレーを片栗粉でとじてあるのだが、塩味だけは惜しみなく使ったらしい。
仕方ないので、ごはんとカツと妙に甘い福神漬けを中心に食事をすすめ、
結果としてカレーは2/3が残ることになってしまった。

それにしても、この店のカレーうどんは、このカレー汁の海にうどんだけが入っているわけで、
カツや白いご飯や、妙に甘い福神漬の助けもない。
頼んでしまった方には、心からお悔やみ申し上げます。

立地がものすごくいいってことは、
こんなの出していても屈強の経済が保てるってことなのね。

思えば、すぐ近くには修学旅行専門のホテルもあるわけなのでした。




これで一日を終わったらあまりな後味。

なんとか払拭せんければと、先斗町の「上燗や」さんへ。
今回搬入、設営その他でたいへんお世話になったCOMBINEの上山 潤さんに、
京都の知りあいのお店へ「観〇光」のポスター、チラシの配布をお願いした。


111016_181735.jpg



「観〇光」のポスターが貼ってある階段を上がって店へ。



うっ。



本日二回目のうっ。

京都の、友人でありながらストーカーのとーきちがいるではないかっ!
「上燗や」さんに行くなんて教えてないし、
Twitterでつぶやいてもいないのに、なんで?

「ふふふっ。ストーカーの鼻です」

と、あいかわらずわけのわからないことをいう。


111016_184605.jpg



とーきちは軽くあしらって、「生麩揚げ」をいただいた。
うちで真似しても、こんなにふんわり揚がらない。

突然だったので、主の滝本さんにはお目にかかれなかったけど、
奥さんの綾子さんとお会いできてよかった。
綾ちゃんは、後日泉涌寺にも来て下さった。

あ。とーきちも翌日来てくれたようでした。

せっかく出町柳を毎日通るのに「上燗や茶坊」に行けなかったのが心のこり。

111016_1813~002.jpg





「上燗や」「上燗や茶坊」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/t-yui14/




posted by 瓜南直子 at 17:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

御寺 泉涌寺のふところに抱かれて

ムーンダンスds.jpg




「観〇光」ART EXPO 2011が終った。



展示場所の御寺 泉涌寺には、大阪 梅田画廊の個展の時に下見に行った。
天皇家ゆかりの寺ということで、御座所などもあり、
普通のお寺とは違う空気を感じた。
何より、襖絵や板戸絵などが、さりげなくすばらしいのである。
ででーんっと何十枚も障壁画がこれみよがしに連なっているのでなく、
各部屋ごとに山水や人物、花鳥草木を描いた襖絵がはめられているのだが、
そのさりげなさ、品の良さ。

こんなところに展示してよいのだろうか、とたじろいだのは一瞬で、
すぐに私が展示するのはここしかない、と思った。
寺の中の展示場所は一応決まっていたのだが、
いざ現場に行ってみると、いろいろと不具合も出てきて、
最終的には展示場所を変えることになった。

小方丈という床の間と違い棚のある続きの三部屋のうち、
二部屋が私の展示スペースとなった。
両側には庭に面した廊下と畳の細い次の間がある。
そこを通ってくる光は、晴れた時でもやわらかい。
障子を背に、水辺で遊ぶ子供や黒い牛が描かれた襖絵に
向かい合うように、斜めに展示した。


なんという贅沢。



ギャラリートークも、この屏風の前で、お客さん共々畳に座って話をした。

ムーンダンス インタビューss.jpg
                                          作家による作品紹介の動画の収録







初日、清水寺 経堂に於ける東日本大震災祈祷特別読経から
「観〇光」ART EXPO 2011は始まった。
そして泉涌寺舎利殿で、古澤巌氏のバイオリン奉納演奏と続き、
本坊奥のホールでオープニングレセプションへ。
テープカットから、中堀慎治実行委員長による開会のあいさつ、
さらに京都仏教会の会長や京都市長にもお言葉をいただいた。
パーティーの料理は、お寺らしく精進料理だったが、
それは見事な出来栄えで、たいへんおいしくいただいた。
お寿司、煮物、和え蕎麦からカナッペ、パテ、春巻、グラタン、アップルパイ、と
お精進とは思えないほどのバリエーションには舌を巻いた。
これで、お酒さえあれば何もいうことはないのだが、
悲しいことにジュースとお茶とノンアルコールビールしかなかった…。

オープニング2.jpg


オープニング.jpg





観〇光 ART EXPO2011の御寺泉涌寺会場の動画はこちら。
http://youtu.be/JcXcjwJ_nSQ






作品のキャプションには、こんな言葉を添えた。
まだ、ほとんど絵ができていないうちに
キャプションの原稿を提出せよと言われたのだが、
この時点で、完成のイメージはつかめていたのだ。


「ムーン・ダンス」moon dance


蕺の白い十字が闇に浮かぶ。
油をそそげば、 発火しそうな夜だ。

月に灼けた肌をほてらせて、
靄のすそをひいて夢の果てまでゆけ。

呪文のように、媚薬のように、夜の底を流れてゆけ。
水をたたえた銀の月に還るまで。

遠く、錫杖の音がきこえる。



ムーンダンスa s.jpg


ムーンダンスcs.jpg




会場には、絵画のほかに立体やインスタレーションなどの作品が展示されたが、
それぞれに泉涌寺の持つ空気を生かし、
歴史と風格ある場の力を借りた展示になっていたと思う。

二条城会場には、二ノ丸台所のダイナミックな空間に合わせた
スケールの大きな作品が並び、
清水寺経堂では、日独交流150周年を記念して
アンティエ・グメルス、 ゲオーク・マテスの二人のドイツ人アーティストによる
国境、宗派を超えた祈りの「光」をテーマとした素晴らしい作品が展示された。
ともに、それぞれに会場の特徴を生かした展示で、大成功だったと思う。


次なる「観〇光」ART EXPOは、今回の巡回の話も出てきているし、
すぐにそちらの準備にかからなければならない。

祭りが終れば、一抹の寂しさと解放感と空虚さにおそわれる。
でも、今つかみかかっているものは形にしなければ逃げてゆく。
次の展開へと足を踏み出そう。

京都に10日いたけれど、観光も何もしていない。
でも、それでいいのだ。
これからの制作に、確かな手ごたえを感じた以上の
うれしいことなんてないのだ。

さて、次だ。
来年は、ドローイング展、「ざ・てわざ」展、「観〇光」の巡回展、
あーと もりもとでの個展へと、展開させてゆく。
今回の「ムーンダンス」を発展させたものも制作したい。








posted by 瓜南直子 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

「表現者」39号発売中



「表現者」の表紙原画と、コラムを執筆するようになって、1年半ほど。

隔月発売のリズムも慣れてきました。



今号のテーマは『「地域」をいかに復興するか』

佐伯啓思、西部邁、中野剛志、中島岳志、富岡幸一郎、柴山桂太諸氏による
座談会「保守思想から見た原発問題」は、
ややもすれば現実的な問題よりも、脱原発反原発か原発推進かの二極論に陥りがちなこの問題に、
日本の未来を考えるというとはどういうことかを、
冷静に自分の頭、自分の言葉で考えなくてはいけない、と教えてくれる稀有な座談会です。

唐 十郎さんの短期連載小説「失われたモノを求めて」も始まりました。

 

今回の表紙原画のタイトルは「東風−Tonpoo」。

コラム「表紙絵を語る」では、『絵』にたどりつくまで」と題して、
絵を描きはじめた頃の話を書きました。

さらに今号では、「この国の光を観る」と題して「観〇光」ART EXPO 2011の紹介記事を書かせていただきました。


紹介が遅れましたが、ぜひ本屋さんでお買い求め下さい。

Amazonはこちら。
http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E8%80%85&tag=googhydr-22&index=stripbooks&field-adult-product=0&hvadid=6724243089&ref=pd_sl_9eg6bb8zr0_b




表現者39s.jpg




「表現者」ジョルダン株式会社刊  http://amzn.to/fTBsKj



posted by 瓜南直子 at 13:35| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

菜っぱ食いたいーっ!


すぐき菜。うまい菜。からし菜。はたけ菜。

菜っぱ食いたいーっ!菜っぱ煮菜っぱ煮。



小松菜梅ツナ。はたけ菜辛子和え。きのこと菜っぱの煮浸しすだちギュッ。
ハリハリ鍋(お揚げでいいよっ)。
春菊春菊。春菊松の実和え。春菊と牡蠣の蒸しパルミジャーノ。

大根春菊柚子皮サラダ。
大根繊切りと牛肉旨煮和えっておいしいかも。柚子皮も入れて。



白菜と豚のカレー炒め。干貝柱と白菜のくんにゃり蒸し。
白菜と塩豚鍋、山山椒入り。発酵した白菜漬と豚の鍋。


大根葉じゃこ炒め。大根葉お揚げ煮。
ちょい干し大根葉塩漬け、ぬか漬け。大根葉しらす胡麻ご飯。




「観〇光」ART EXPO 2011の搬入から最終日まで、10日以上京都に滞在している。

友達のマンションのゲストルーム(ホテル並の設備)に、破格の値段で泊めていただいているのだが、
食事がどうにもならない。

ミニキッチンはあるけれど、料理をするほどの余裕がないので、
毎日、朝はコンビニおむすびやサンドイッチ、夜は酒席で過ごしている。


そして、だんだん身体がしんどくなってきた。

これって、引っ越しの時の感じに似てる。適当な食事ですませているうちに、身体がだるくなってくる。



野菜が食べたい、菜っぱが食べたい!


突然、頭の中に次から次へと菜っぱのお惣菜が湧いてきて、気がつけばケータイに打ち込んでいた。



戦争中に、食べたいものを羅列した内田百閧フ気持ちがわかってしまった。



posted by 瓜南直子 at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。