2010年04月30日

保存王

SBSH031311.JPGSBSH03161.JPG



私は決してケチではない。

元々経済観念はないし、飲みに行ってワリカンにすると、自分がすごくセコい人間のように思えてしまう。だからケチではないはずだ。

でも、ケチと見まがう行動をとることがある。

まず、手を入れてない食材を捨てられない。デパ地下で、出来合いのおかずを買えない。せいぜいお寿司くらいのものだ。それはたぶん、そう躾られたのだと思う。

冷蔵庫の中を見て、使われないままに傷んでるものを見ると、ものすごくつらくなる。悪かった、と心が痛む。なんとか、ちゃんと手を入れて料理してやろう。それが供養だはなむけだ。

そんな思いが高じたのだろうか、気がつけば私は保存フェチとなっていた。傷みやすいものをいかにもたせるか、にメラメラと燃えるのであった。

以前書いた、経木の話もこの延長なんです。

傷みやすいものは、数々あれど、まずは薬味、つまもの系。これらをいかにもたせるか。どれも水分とどうつき合うか、なんですよね。


☆大葉

傷みやすさNo.1。乾くか、水で朽ちるかどちらかです。ふと、これも生け花のように水切りしてみたらどうだろう、と思ってやってみたら大正解。

ボールに水を入れて、大葉の茎を浸し、水の中で茎を少し切ります。

縦長の容器の底に水を含ませたティッシュペーパーを敷いて、立てて保存します。縦長で透明蓋つきの容器がなかなか見つからなくて、未だラップで被っているのが情けないかぎり。

でも、もちますよー。


☆香菜

野菜室の壁に張り付いた香菜って、よく目にしませんか?傷みやすいのに、そうは連続しては使わない。これは刻んで冷凍です。洗ってよく水気をとって、細かく刻んで冷凍します。根っこも冷凍しておきます。包丁の背で叩いて、エスニックな煮込みに使うと、風味がグンと良くなります。


☆柚子

私は、すごく柚子を使うタチなので、わりとすぐなくなってしまいますが、たくさんいただいた時などは、皮と果汁に分けて保存しています。

皮は白いフカフカごと剥いて、アルミホイルでペッタンコにしてジップロックに入れて冷凍。白いフカフカは冷凍中の乾燥を助けてくれます。ラップだと、ふがふがして密閉できないので、ホイルです。

果汁は、自家製ポン酢に。本格的でなくても、気に入っためんつゆと割れば、簡単にできます。やはり絞りたての果汁で作ったポン酢はキワキワ感が違います。


☆生姜

ひね生姜(土生姜)、新生姜ともに、割り箸など使ってよく洗い、水気をふき、キッチンペーパーかティッシュペーパーにくるんでジップロックに入れます。紙が湿っていたら取り替えます。新生姜は特にマメに取り替えてください。


☆にら

これも、すぐ食べる予定がなければ、刻んで冷凍です。にらたまや野菜炒め程度なら、なんとか。凍ったまま投入します。


☆椎茸

まずパックから出して、野菜室のトレーに出してしまう。または、いしづきを編み針か、金串のようなものに刺して、部屋の隅に置いておきます。使わなくても自然と、干しいたけになってくれます。カチンコのいしづきはザクザクおろして、ぬか床に入れます。


☆実山椒

実を軸からはずして、塩湯でさっと茹で、乾かして冷凍します。


うわーん。なんか、すごいやなヤツみたいな気がしてきた。

どうです。イヤ味でしょう?セコいでしょう?

でも、そんなにやなヤツではないんですよ。ケチでもないし。

言い訳にしか聞こえませんね。



―――――――――――


posted by 瓜南直子 at 16:16| Comment(3) | キッチンにて。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい。と思います。
Posted by naoki at 2011年06月24日 00:26
naokiさん。

ありがとうございます。習慣化してしまうと何でもないんですが、
こうやって文章にすると、なんかエコな人みたいで、ややはずかしいです。
単に使わないまま朽ちてゆくのがイヤなだけなんですけど。

                         瓜南直子  
Posted by at 2011年06月29日 18:04
久しぶりに見に来て、コメント欄開いたら、8年前にコメントしてた!
お会いした事がなかったから、ただ更新がないだけで、亡くなった気がしません。
Posted by naoki at 2019年03月18日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。