2011年08月06日

紅しょうが漬けました



紅しょうが.jpg



今年も漬けました紅しょうが。
青いガラスの甕に3年分の紅しょうがが漬かっています。

自家製の紅しょうがは、辛みがキワキワしておいしい。
塩と梅酢しか使っていないので、しょうがの辛みが際立ちます。


以前、スライスして漬けるという方法を教えてもらったんだけど、
時間がたつと味がスカスカに抜けてしまうし、漬け水が傷んでしまう。

どんなものでもそうだけど、漬物は丸ごと漬けたほうがおいしいに決まってる。
水菜や大根葉だって、刻み漬けはあくまで当座の漬物。
保存を考えるなら丸ごと漬けるのがいい、というわけで、
あれこれ調べて、私なりに納得した漬け方です。



新しょうがは、ブロックごとにモキッと折って、歯ブラシでよく洗います。
何と言っても土の中にいたのだから、念入りに。
水分を拭いて、さらに粗塩で揉みながら汚れをおとします。
洗ってしょうがの10%くらいの塩を水に溶かし、しょうがと一緒にビニール袋に入れて、
漬物器か、ボールに入れて重石をして一晩おきます。

翌日、水気をふいてざるにあけて一回目干し。
天日なら半日、陰干しなら一日くらい、途中で天地を返して干します。
(筆しょうが、とか細めのものは半日くらい)

1A紅しょうが.jpg



とりこんだら、ひたひたの梅酢に漬けてまた軽く重石をします。
一週間ほど置いて、また水分を拭いて干します。


紅しょうが.jpg


この時の梅酢は、ざんねんですが捨てて下さい。
しょうがのアクとかクセを吸って、苦いようなエグいような味になってしまってます。

もったいないなーと思いながら、この梅酢を流しに捨てるのは、
漬物の下漬けとは、素材のアクとか雑味を取るためにするのだとわかるひとときです。

二回目干しが終わったら、いよいよ本漬け。
梅酢をヒタヒタに注ぎ、上に梅干しの赤紫蘇をたっぷり、蓋をする感じで乗せます。
もし梅干しを漬けていれば、そこに一緒に埋めてしまってもいいです。

これで出来上がり。細いものなら一週間ほどで食べられます。
今年はわりと大ぶりなしょうがを漬けたので、一か月くらいでしょうか。
でも、うちには3年もの、2年もの、今年のものが一緒に漬かっているので、
今年のものは、甕のいちばん底に入れました。

出す時はトングで。濡れた箸を入れると傷むもとになります。


紅しょうがトリオ.jpg
                                     左から3年もの、2年もの、今年もの

自分で漬けると、紅しょうがといっても、紅というより、マゼンダっぽい色になります。
素直な味なので、お寿司に入れたり添えたりしても馴染みます。
うなぎや焼き魚の箸休めにも。
紅しょうがパスタや紅しょうがだけヤキソバ、べた焼き。、
あと、牛肉との相性もいいので、すきやき風煮や焼き肉に添えるのもいい。



しかし、冷やし中華やヤキソバに乗ってるのは、まっかっかな紅しょうがでなくちゃ、と
子供の頃から刷り込まれてしまってるので、自家製だと、なんだか景色として違うだろーってことで、
ベタな冷やし中華を作りたい時は、食紅入りの紅しょうが買ってきたりします。
とんこつラーメンも、自家製のものは色が消えてしまうし。
自分でもヘンテコだと思うけど。


あと、京都ではどこでも売っていた紅しょうが天、
関東では見かけないし、今度作ってみよう。



で、さっき「紅しょうがの漬け方」を検索してみたら、似たような漬け方が出てきました。
なぁーんだ、でした。
便利な世の中になったものです。








posted by 瓜南直子 at 18:18| Comment(1) | 漬物道楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

色彩にみとれます。関東では紅しょうが天ないのですね。美味しいです。
Posted by kikuta at 2011年08月17日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。