2012年02月05日

チャンドラー方式


みょみょっと角が出た。


チャンドラー方式というものがあるらしい。
作家のレイモンド・チャンドラーのことである。

「たとえ一行も書けないにしても、とにかくそのデスクの前に座りなさい、
 とにかくそのデスクの前で、二時間じっとしていなさい」

というチャンドラーのメソッドを、小説を書く村上春樹が「大切なことかもしれない」と
心の内にピンで留め、「チャンドラー方式」と名づけたものだ。


ただし、デスクに座っている間,手紙を書くとか本を読むとか猫と遊ぶとか、
ほかのことをしてはダメで、ひたすら座っているのだそうだ。
身体のリズムから、何かが生まれてくるのをじっと待つのである。

これが私にはとてもしっくりくる。

昔から、何も浮かばない冴えない、何していいのかわからない時は、ただただ画室の机に座っている。
チャンドラーさまと違うとこは、何かしてしまうところだけど、基本は「篭る」ことである。
こういう時は、気分転換なんかしても、楽しくなんかないんである。

もちろん、急ぎの仕事などはしていたけれど、
自分の制作の道筋にどんな光をあてて陰影を創るか、という司令塔たる部分を盤石にしないと動けない。
よく働く小人さん、絵描きのカナンが働けないのだ。



で、籠った。もちろん用事や仕事や買い物には出かけるし、
電気切るぞとおどかされば電気代も払いにゆく。ごはんも作る、
twitterもfacebookも見るし投稿もする。
けど、ただ一日数時間 画室にひとりでいるようにした。

あと、落ち葉掃除がいい。ただただ落ち葉を集めて、庭の隅の落ち葉の墓場に積むだけの簡単なお仕事。
腰にはくるけど、こういう黙々とした作業が効く。


なんて言うか、お声がかかるのを待ってる感じ。
お声がかかりやすいようにあれこれ環境を整えてる感じ。
その間はやっぱりくるしい。あらゆる雑念と戦う感じもあるし、
そういう雑念が生まれる自分を嘆いたりもして、いろいろとたいへんだ。



けど2、3日前から何か見えてきた。くすんで見えてた描きかけの絵も、動いて見えるようになった。



そして、「これ、つかみなよ」って感じの角が、みょみょっと出てる。


よし、これつかんでぶんぶん振り回してもらおう。
昨日は、ようやくノートにおおまかな制作の予定を書きこめるまでになった。

ここから仕事を割り振って、やっとよく働く小人さん、絵描きのカナンの出番がやってくる。


気分転換などはこれからだ。お散歩もこれから。


と、思ってたら、放置してた注文作品の催促が来て焦ってますが、
みょみょっの角をつかんだ私は堂々としていられるのだ。




posted by 瓜南直子 at 07:37| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本人がいなくなってもねブログは生きていました。
瓜南直子さんの文章と作品、ここに生きていますよ。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2014年08月05日 07:51
チャンドラー方式か・・・
そうですね。私も毎日、原稿用紙十枚は書いてますね。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年08月25日 08:25
書きまくってますよ。
わたしも、がんばってます。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年09月09日 18:34
また、刺激受けたくて訪問しました。
チャンドラー方式実践してますよ・・。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2015年11月27日 19:22
「札幌文学」にポール・ヴァレリーの長編詩「海辺の墓地」をヒントにした短編小説を書きました。また、「いぶり文芸」には支笏湖連山の魔王といわれた巨大羆とアイヌ猟師の死闘の話を明治末期の時代背景と共に書きました。
Posted by 根保孝栄・石塚邦男 at 2016年10月09日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。