2012年02月20日

「観〇光」鎌倉展にむけて…

  

選佛場.jpg

                                                              円覚寺 選佛場



17日の金曜日は「観〇光」のメンバー、中堀慎治、伴清一郎の二人と、北鎌倉 円覚寺に行ってきた。

去年の「観〇光」の前から、今後 京都だけでなく鎌倉でもぜひやりたいという話になってきていたのだ。




龍隠庵b.jpg

                                        朝比奈恵温さん 円覚寺塔頭 龍隠庵にて




今年に入ってまず、浄智寺住職にして、円覚寺 教学部長である朝比奈恵温さんに、お話を伺った。
ぜひ実現の方向に持っていきましょう、と頼もしいご返事をいただき、
さらに、鎌倉の若手住職の方々をご紹介いただいた。
覚園寺 仲田順昌さん、淨光明寺 大三輪龍哉さん、極楽寺 田中密敬さん、明王院 仲田晶弘さんの
みなさんと会食して、お話をさせていただいた。



住職ズ.jpg

                                  左から、大三輪さん、朝比奈さん、明王院 仲田さん、田中さん





それを踏まえて、昨年までの実行委員長であり「観〇光」の精神的支柱である中堀さん共々、
具体的なお願いに上がったのだ。

会期は来年の春、京都展 3月、鎌倉展 4月、という展開になる。
関西と関東を連動させてゆくことで、「観〇光」はより大きな存在となってゆくだろう。

私たちは、「観〇光」の背骨を屈強なものに鍛え、単なるイベントでなく、
日本の文化を次世代に繋ぐために畑を耕し、種を蒔く運動にしたいと願っている。
出店作家が自らの作品展示を通して、担うものは大きい。

そしてさらに、この運動から波状的にさまざまなムーブメントが起こることを期待している。



鎌倉ならカナンだろう、ということで、「観〇光」鎌倉展への踏み分け道づくりを任された。
実に非力ながら、できることをしていきたいと思っている。

京都とは全く違った、鎌倉らしい展開を作ってゆきたい。



地元鎌倉のみなさま、どうぞよろしくお願いします。









龍隠庵 a.jpg


                              





ラベル:観〇光 鎌倉
posted by 瓜南直子 at 16:05| Comment(0) | 鎌倉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。