2012年02月24日

【表現者】41号発売中


富岡 芦澤.jpg

                                            芦澤さん(左)と富岡さん。




おとといの水曜日の夕刻、鎌倉駅で富岡幸一郎さんと芦澤泰偉さんと待ち合わせて、駅裏の「畔屋」へ行った。



2年間12号続けた【表現者】の表紙を、次号から黒鉄ヒロシさんにバトンタッチすることになったので、
その総括を兼ねて、ちょっと飲みましょうという話になったのだ。


富岡さんは鎌倉、芦澤さんは逗子にお住まい。
いつも東京で会合などの帰りは3人で横須賀線車中で飲みながら帰ってくる。
そのまま鎌倉で呑み直すこともある。


1月に、西部邁さんが贈られた壺を見に富岡邸へ伺い、
そのまま「段葛 こ寿々」で蕎麦会をして以来である。


芦澤さんとは、昨年10月22日、29日に放映された
東京MXテレビ「西部邁ゼミナール」でもご一緒させていただいた。
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20111022

http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20111029



表紙原画を私が担当した2年間、オピニオン誌としては、かなり異端な表紙だったと思うけど、
何度かAmazonで1位を取ったことがあるそうで、【表現者】の宣伝、売上に貢献できてよかった。
私の作品に、タイトルや見出しなどたくさんの文字を乗せるという難しいデザインを、
上品なものに仕上げて下さった芦澤泰偉さんの力があってこそだけれど、
実際、売上げはかなり伸びているという。

「和食の散歩みち」「表紙絵を語る」と続けたコラムの方は次号からも続けて欲しいということで、
テーマやボリュームについて打ち合わせをした。
他のページの新しい企画なども話の中から生まれてきた。



そして話は「観〇光」へ。

鎌倉独自の文化といえば、近代文学ははずせない。
展示以外に、朗読会や講演などさまざまな企画とリンクさせる形で、
鎌倉の地で、日本文化を見つめ直す土壌を作りたい。

折しも、富岡さんが鎌倉文学館の館長に就任することが正式に決まった。



何か、風が吹いてきているような気がする。



表現者41表紙s.jpg





表現者41号
http://www.amazon.co.jp/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E8%80%85-2012%E5%B9%B4-03%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00746R5RY/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1330068190&sr=1-1





posted by 瓜南直子 at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。