2012年03月22日

コラム表紙を語る6. 【絵の周辺に棲むものー「音楽」】



文章を書く時以外は、ほぼ一日中、生活の中に音楽がある。

親の話では3歳の頃、勝手にオルガンを弾いていたらしい。
楽譜が読めるわけはないから、4歳上の姉が弾くのを聴いて当てずっぽうで弾いていたのだと思う。
この子バイエル半分弾いてる、とあわてた親がピアノを習わせたのが
音楽とのつきあいの始めということになる。

以来ずっとピアノは習っていたが、手が小さくてオクターブが届かない。
しかも楽譜のとおりに正確に弾く、ということが困難な性格なもので、勝手に曲を変えてしまう。
おまけにピアノの先生がたいへん熱心な方で、生徒はみな音大を目指す人ばかり、
という環境も私には難易度が高すぎた。



小学校卒業も近いある日、先生に

「あのね、僕のとこは月謝が高いんだ。君にはもったいないから、やめなさい」

と引導を渡された。



こうして晴れてピアノのお稽古から解放された私は、ロックに身をやつし、
バンドを結成してはヘタクソなキーボードを弾いて満足していた。



でも絵を描くようになってから、クラシックが復活した。
ロックやブルースでは、制作のバックはつとまらないのだ。



仕事初めは、バッハのゴールドベルグ変奏曲、もちろんグレン グールド。
よし始めよう、と背筋を伸ばしてくれる、ありがたい曲である。
スケッチや描写の時は、静かなバロックギターやリコーダー、チェロ曲、アリアなどを流している。

そして、佳境に入った仕事のバックを勤めますのは、
バッハの平均律や、バデュラ スコダのフォルテピアノ。
特に平均律は、「描け描け」と叱咤激励されているようで、
大バッハ先生には申し訳ないけど、私にとっては労働歌なのである。

個展前になると、さらにYMOや声明、グレゴリウス聖歌に軍歌まで加わって、
いやおうなく士気は鼓舞されてゆく。
どうやらバッハやYMO、声明にはお経のような効果があるようで、
アドレナリンやエンドルフィンがどうにかして、私の頭がトランス状態に近くなるらしい。


かくなる大音楽隊の力を借りて、なんとか作品は仕上がる。
そして仕事が終われば、ウィスキー片手にライ・クーダーやトム・ウェイツの音に酔い、
夜の闇に深く深く潜ってゆくのだ。  

                                【表現者】41号「コラム表紙を語る」より転載  


表現者41表紙s.jpg





ジョルダン株式会社刊  http://amzn.to/fTBsKj







posted by 瓜南直子 at 02:35| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。