2012年04月11日

いずみは湧き続ける。


年末から体調を崩し、なかなか戻らないままなんとか生活してきた。

何より困ったのは、仕事をしよう絵を描こうという気持ちが1mmも沸いてこないことだ。
例によってチャンドラー方式で、画室にこもってみるのだが、絵から声がかからない。
そして、そのことに絶望し、体を動かすのもしんどいので寝てしまう。
さらに逼迫経済が精神に追い打ちをかける。おまけに寒い。

出かけても、10分歩くとどこかに座って5分休む、という効率の悪いお出かけになってしまう。

一日の2/3くらいは、ふとんで寝ていた。

あまり、痛い辛いを語る趣味はないけど、これはかなりこたえた。



でも現金なもので、うぐいすがホー ホテチョとヘタクソに鳴き始め、ひっちょね君も鳴きだし、
オオイヌノフグリやニホンスミレが咲くようになると、気持ちも体も少し楽になってきた。



その間も仕事はなんとかしてきた。

美術作家による震災遺児支援 【3.11きずな展】http://homepage3.nifty.com/kaho-art-products/kizuna.html に「いずみ」P4を出品した。



この作品に添えるなら、こんな言葉だと思う。

「いつの日も、いずみは湧いている。枯れることなく湧きつづける」



巡回の予定
◆東京展 3月22日(木)〜27日(火)日本橋島屋 8階ギャラリー

◆東北展(岩手県盛岡市) 4月26日(木)〜5月1日(火)川徳 7階ダイヤモンドホール

◆京都展 5月17日(木)〜21日(月)京都島屋 7階グランドホール




いづみs.jpg
「いずみ」P4




この展覧会はチャリティーオークション形式で、「いずみ」はすでに東京展で、複数の入札をいただいたようだけど、どなたの手元に行き、どのくらい寄付できるのか、すべては巡回が終ってからとなる。

次号から新連載となる【表現者】コラム「なごりの色」を入稿した。
現代ではあまり使われなくなった日本の伝統食の名前を柱に、あれこれエッセイを書いてみようと思う。
初回は「禁断の砂糖菓子」と題して、小学生の頃のエピソードを書いた。
何が砂糖菓子なのかは、4月16日の発売をお楽しみに、ということにしておこう。


さらに来春、京都に加えて鎌倉でも開催することになった「観〇光」の鎌倉展実行委員長にされてしまったので、そちらの準備もしてゆかなくてはならない。



そして「瓜南直子展− 月の消息 −」。
4月26日〜5月6日 鎌倉ドローイングギャラリー http://kamakuradrawing.com/
【表現者】表紙原画、ドローイング、パステルなど20数点を展示する。


DMs.jpg
「瓜南直子展− 月の消息 −」DM





8月は日本橋三越の企画展「ざ・てわざ」。
こちらは、すでに下地も作り、下絵のトレースも済んで、
あとは描くだけという状態のパネルが、「待ってるよ」という顔で壁にかかっている。



若い頃から、人一倍お酒を呑んできた私は、末はアル中かと思っていたけど、そちらには行かず、不調を訴えたのに聞いてもらえない胃などの内蔵がストをおこして故障してしまった、という結果となった。けれど、これはある意味たいへんありがたい。


リセットして体を休め、生活を見直して出直しなさい、という信号だったのだと思っている。

そう思うと、なんてラッキーな奴なんだ、と思うし、
まだまだ絵を描きなさい、と絵の神様が私に時間を下さったのだと、かみしめている。


桜も咲いた。
もくれんも咲いた。
玄関のれんぎょうも咲いた。


個展の新作の一群が、いい感じの方向性を与えてくれている。
ここをフックに、新しい展開を進めてゆきたい。


作品が仕上がるのを、いちばん楽しみにしているのは実は私なんである。








posted by 瓜南直子 at 15:57| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

【表現者】41号発売中


富岡 芦澤.jpg

                                            芦澤さん(左)と富岡さん。




おとといの水曜日の夕刻、鎌倉駅で富岡幸一郎さんと芦澤泰偉さんと待ち合わせて、駅裏の「畔屋」へ行った。



2年間12号続けた【表現者】の表紙を、次号から黒鉄ヒロシさんにバトンタッチすることになったので、
その総括を兼ねて、ちょっと飲みましょうという話になったのだ。


富岡さんは鎌倉、芦澤さんは逗子にお住まい。
いつも東京で会合などの帰りは3人で横須賀線車中で飲みながら帰ってくる。
そのまま鎌倉で呑み直すこともある。


1月に、西部邁さんが贈られた壺を見に富岡邸へ伺い、
そのまま「段葛 こ寿々」で蕎麦会をして以来である。


芦澤さんとは、昨年10月22日、29日に放映された
東京MXテレビ「西部邁ゼミナール」でもご一緒させていただいた。
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20111022

http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20111029



表紙原画を私が担当した2年間、オピニオン誌としては、かなり異端な表紙だったと思うけど、
何度かAmazonで1位を取ったことがあるそうで、【表現者】の宣伝、売上に貢献できてよかった。
私の作品に、タイトルや見出しなどたくさんの文字を乗せるという難しいデザインを、
上品なものに仕上げて下さった芦澤泰偉さんの力があってこそだけれど、
実際、売上げはかなり伸びているという。

「和食の散歩みち」「表紙絵を語る」と続けたコラムの方は次号からも続けて欲しいということで、
テーマやボリュームについて打ち合わせをした。
他のページの新しい企画なども話の中から生まれてきた。



そして話は「観〇光」へ。

鎌倉独自の文化といえば、近代文学ははずせない。
展示以外に、朗読会や講演などさまざまな企画とリンクさせる形で、
鎌倉の地で、日本文化を見つめ直す土壌を作りたい。

折しも、富岡さんが鎌倉文学館の館長に就任することが正式に決まった。



何か、風が吹いてきているような気がする。



表現者41表紙s.jpg





表現者41号
http://www.amazon.co.jp/%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E8%80%85-2012%E5%B9%B4-03%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E9%9B%91%E8%AA%8C/dp/B00746R5RY/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1330068190&sr=1-1





posted by 瓜南直子 at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

チャンドラー方式


みょみょっと角が出た。


チャンドラー方式というものがあるらしい。
作家のレイモンド・チャンドラーのことである。

「たとえ一行も書けないにしても、とにかくそのデスクの前に座りなさい、
 とにかくそのデスクの前で、二時間じっとしていなさい」

というチャンドラーのメソッドを、小説を書く村上春樹が「大切なことかもしれない」と
心の内にピンで留め、「チャンドラー方式」と名づけたものだ。


ただし、デスクに座っている間,手紙を書くとか本を読むとか猫と遊ぶとか、
ほかのことをしてはダメで、ひたすら座っているのだそうだ。
身体のリズムから、何かが生まれてくるのをじっと待つのである。

これが私にはとてもしっくりくる。

昔から、何も浮かばない冴えない、何していいのかわからない時は、ただただ画室の机に座っている。
チャンドラーさまと違うとこは、何かしてしまうところだけど、基本は「篭る」ことである。
こういう時は、気分転換なんかしても、楽しくなんかないんである。

もちろん、急ぎの仕事などはしていたけれど、
自分の制作の道筋にどんな光をあてて陰影を創るか、という司令塔たる部分を盤石にしないと動けない。
よく働く小人さん、絵描きのカナンが働けないのだ。



で、籠った。もちろん用事や仕事や買い物には出かけるし、
電気切るぞとおどかされば電気代も払いにゆく。ごはんも作る、
twitterもfacebookも見るし投稿もする。
けど、ただ一日数時間 画室にひとりでいるようにした。

あと、落ち葉掃除がいい。ただただ落ち葉を集めて、庭の隅の落ち葉の墓場に積むだけの簡単なお仕事。
腰にはくるけど、こういう黙々とした作業が効く。


なんて言うか、お声がかかるのを待ってる感じ。
お声がかかりやすいようにあれこれ環境を整えてる感じ。
その間はやっぱりくるしい。あらゆる雑念と戦う感じもあるし、
そういう雑念が生まれる自分を嘆いたりもして、いろいろとたいへんだ。



けど2、3日前から何か見えてきた。くすんで見えてた描きかけの絵も、動いて見えるようになった。



そして、「これ、つかみなよ」って感じの角が、みょみょっと出てる。


よし、これつかんでぶんぶん振り回してもらおう。
昨日は、ようやくノートにおおまかな制作の予定を書きこめるまでになった。

ここから仕事を割り振って、やっとよく働く小人さん、絵描きのカナンの出番がやってくる。


気分転換などはこれからだ。お散歩もこれから。


と、思ってたら、放置してた注文作品の催促が来て焦ってますが、
みょみょっの角をつかんだ私は堂々としていられるのだ。




posted by 瓜南直子 at 07:37| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

「観○光」こぼれ話 その3


鬼瓦s.jpg


泉涌寺の仏殿を見上げながら通っていたら、何かがキラッと光った。
立ち止まると光は消えた。
なんだろう、とよくよく見てみると、屋根の鬼瓦の目玉が光るのである。
穴が開いているのか、鏡面のようになっているのかわからないけど、
さすがの意匠。私はドラクエVのオーブを取りに行くダンジョンを思い返していた。



泉涌寺の廊下.jpg

                                 展示している部屋の続きの間。


泉涌寺の庭.jpg

                       中庭の奥、板敷きの廊下の奥が、作品を展示した小方丈。





二条城は当番がなかったので、なんとなくお客さんモードで出かけた。
搬入、設営、展示の時に神経をすり減らした展示作家には申し訳ないけど、
すっかり観光気分になってしまった。


二条城2.jpg




ちようど「お城まつり」の期間中なので、二の丸台所の前には業者がテントを並べて、
あれこれ京都の物産を売っている。
それをひやかしながら、うどんを食べながら見渡してみると、
私好みの扉や蝶番が目に入った。
これがまた、絵のモチーフや色見本となるのである。



二条城1.jpg





「観○光」は作家主導で何から何まで作家が動いて形にした展覧会のように語られる節があるが、
実はそれだけではない。会場を取り仕切って下さった学芸員の方々、ボランティアの方々、お寺の方。

そして搬入搬出業務を実質ボランティアで請け負って下さったのは、
東京 香染美術の仲村信二さんと、京都 COMBINEの上山潤さん。

それぞれ関東在住の作家、関西在住の作家の作品をピックアップして業者のトラックに詰め込み、
会場へ搬入から展示に至るまで面倒を見て下さった。
搬出時も同じである。

作品が仕上がって虚脱状態の作家は使い物にならない。
お二方とも、そのあたりのことをよく心得ていらっしゃるのだろう、
作家のわがままに嫌な顔ひとつせず、たのもしく引き受けて下さった。
心から御礼申し上げます。



上山さん.jpg




上山さんは、若き画家の釜 匠さんと松本 央さんを脇侍のように引き連れて、
展示の細かなことをあれこれ手伝って下さった。

このカマくんとマッちゃんのコンビが、なんともおもしろく可愛く、
親方のように歩く上山さんの後を、テトテトついて歩きながら、
ヒマさえあれば、プロレスの技をかけあったりしてじゃれている。
ほとんど仔犬か子熊の兄弟である。



初日の夜、高松からやってきた上山さんのスタッフ 青野千鶴さんやお客さん、
エトリケンジさんたちも交えて、COMBINEの近くの「あいばカレー食堂」で宴会をした。

あいばちゃん(饗庭由美子さん)は、彼女が蔵丘洞画廊に勤めていたころからの知り合い。
今はご主人の武さんと一緒にこの店を経営している。
「あいばカレー」はレトルトパックで全国的に販売しているという。

あいばカレー食堂
http://aibacurry.net/



上山さんとは会期中2回ほど呑んだ。
泉涌寺の当番が終ってから、錦小路の「有次」に愛用の三徳包丁を修繕に出し、
その足でCOMBINEに寄って、呑みに出たのである。


有次.jpg



上山さんは、小学校のころクラスに一人はいたなーという感じの、
熱いやんちゃな空気をいまだにまとっている。
若い作家にかける情熱も、かける言葉もそれはそれは熱い。
見ていると画商と若手画家というより、
体育会のOBかコーチと学生みたいなノリなんである。








魏山くん.jpg







そして最終日、木彫作家の加藤魏山さんが埼玉からやってきた。
可憐な奥様と奥様のお父様と一緒に。

魏山さんは、歴史上の人物の描写を、ご自身の解釈によっ​て
心のひだや陰をとらえて立体表現しようとされている。
そこにはたぶん魏山さんの心の「鏡」でもあるのだろう。

己の苦しさも弱さも、なんでも映してしまう鏡との応酬を​繰り返しながら、成長してゆく作家。
現代の、勢いでアートを軽々とこなして成功してやろう、
というアーティストとは全く逆のタイプだということを、ご自身​がよくわかっている。
そこが、魏山さんの強みだと私は思う。
​魏山さんが、これからどんな作家になってゆくのか、
人物の陰影にどんな色合いの深みを増してゆくのかが本当に楽​しみだ。



作品の前で、魏山さんと作品についてや、これからのお互いの活動について語っていると、
お父様が熱心に、それはもう熱心に聞いておられる。
時には目を大きく開いて驚き、深く深くうなずき、
一言も聞き漏らすまい、という熱心さ。

よかった…..。
魏山さん、お父様は魏山さんを理解し応援していらっしゃる。
魏山さんの制作にかける、ひたむきな姿勢をちゃんとわかって下さっている。



「観○光」の仕上げに、なんだか気持ちが温かくなりました。



COMBINE
http://www.combine-art.com/

加藤魏山さんのブログ<月鏡>
http://gizankatoh.exblog.jp/16571360/













posted by 瓜南直子 at 17:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

「観○光」こぼれ話 その2−中原さんがやってきた−


雲のうえ.jpg





中原さんがやってきた。


中原蒼二さんは、うちから500歩のところにある立ち呑み「ヒグラシ文庫」の店主である。
「ヒグラシ文庫」は、永く行き場を失くしていた私に、居場所を与えてくれたありがたい店だ。

ここは、よくある立ち呑みとはまるで違う。何から何まで違う。
まず、立ち呑み屋なのに古本屋を内蔵している。
そして、立ち呑みだから、安いんだから、という投げやりなメニューがいっさいないのである。

豆腐は毎日手作り。
冷奴とは別の塩豆腐にかける「塩だれ」も、
濃い出汁と塩と淡口醤油などを合わせた中原さん特製のもの。旨味たっぷり。
ポテトサラダも北海道直送のじゃがいもで中原さんがていねいに作る。ほんとにおいしい。

塩辛も酒盗も手作り。鯖の燻製も手作り。小ぶりな鯖をさばいて塩で〆て、
さらに塩出しをしてから、燻製にかけるのだという。
私は、これを玉ねぎとサワークリームと一緒にパンにはさんで食べたい。
鯖の燻製をお持ち帰りして、家で作って食べればいいのだけど、
なんだかおもしろくない。
材料を持ち込んで、見せびらかしながら食べたいという
悪い嗜好を持つ、店としてははなはだ迷惑な客であるのだ私は。

でも中原さんは「どうぞ、かまいませんよ」と言って下さるので、
そのうち実現したいとたくらんでおるのだが、
そういう時に限って、お客さんが一人もいなかったりするんだ、これが。

鯖の中骨は船場汁になる。カボスも添えられている。

鶏の変わりつくねは、頸の軟骨が入っていて食感が楽しい。

さんまの刺身もおいしかった。さんまの刺身がこんなに甘いなんて、とただただ感動。
つみれ汁も絶品だった。

私が「熟女のブルース」と呼ぶ「いちぢくとチーズ」がまたなんとも…。
カマンベールとブリーやブルーチーズをブレンドした特製チーズを乾燥いちぢくにはさんである。
これがなんとも「いけませんねェー」という味なのである。
これは圧倒的にワイン向き。

そして圧巻は「まぐろの血合いの燻製」。
生のまぐろが手に入った時だけ、中原さんが作る、ほかでは食べたことのないもの。
血合いの血を抜きながら、旨味は逃さぬように下味をつけて燻製にかける。

これらがすべて200円〜350円という値段。
メニューにない酒盗豆腐を頼んだら、300円で受けてくれた。

営業中も仕込みをしていたりするので、そのていねいな仕事を見ながら呑むのがまた楽しい。
見ているからこそ、こうして解説できるわけで。

いったい、なんなんだ中原さんて。
こんなことができる人っていったい、いったい…...。



ある時、「ポチさん、ちょっと差し上げたいものがあるんです」と言う。
なになに?と聞くと、「いや、つまらない、こんなちょっとした小冊子なんですが」
と言って渡されたのは「雲のうえ」という北九州市の情報誌。

中原さんは多くを語らないが、この本をいただいてから、
しだいに中原さんの半生が解き明かされていった。


「雲のうえ」が他の雑誌に与えた影響は、はかりしれないものがあるのだとわかった。
本屋さんで見かける、雑誌のある潮流の源泉がここにあったのだ。
それとは知らず私は、この手の本作りって最近の流行りなんだなあ、と
「雲のうえ」の子や孫たちを見ていたのだ。

中原さんは「雲のうえ」の仕掛け人、プロデューサーである。

中原さん.jpg




10月17日の夕刻,中原さんは四条新京極にあらわれた。
お互い、高級店などお金を出しておいしいのはあたりまえ、
それをありがたがるのは野暮である、という暗黙の了解がある。
そして何より中原さんは立ち飲みや角打ちが大好き。

で、とりあえず新京極の「スタンド」に入った。
ぶた天、きずし、ポテサラといくつか頼んでふと見ると、
もう数十年ここに棲みついたような顔の中原さんがいる。

なんなんだ、このなじみかた、溶け込みかた、似合いかた。

時々ジャブを出して、からかいながら楽しく呑んで次の店へ。

河原町から一筋東の裏寺。
うちの近所のバー「Mike's」のマイクさん、榊原直哉さんはここ裏寺の出身である。
少年時代のマイクさんが見た景色は何も残っていないけど、
裏寺は独特の匂いがする町だ。
河原町と新京極のはざまの、なんだか町のはらわたのような空気がある。
最近はきれいになってしまったけど。

「たつみ」に入った。
立ち呑み、椅子、座敷とあるのに、メニューも値段もすべて同じ。
「それならやっぱり、立ち、でしょう」と中原さん。
メニューは京都らしいものが多く、「ずいき酢」「いちぢくの胡麻和え」「鯖へしこ」など。
へしこは煮切り酒でけ出しをしてあるらしく、マイルドな仕上がり。
いちぢくは、中原さんのアンテナにひっかかったようで、
次のいちぢくの季節にヒグラシ文庫でいただくのが楽しみ。
私としては、メニューにあるのにできませんと言われた
「かますご焼き」にハゲシク未練を残してしまった。

そこからぐっと気分を変えて、先斗町十五番路地の「実穂」へ。
おかあさんはいなくて、裕子ちゃんだけだったけど、
ひさしぶりの「実穂」を満喫。
こういう店は京都にしかない。

実穂.jpg


もう一軒行きましょうと中原さんにうながされて行った、
西木屋町の店で、またしても私は、


うっ。

となってしまった。
今回は、うっ。どころではない、げげげげげーーーっである。


またしても、とーきちがいたのである。
私は初めて行った店だし、なぜこんなとこにとーきちがいるのか、まったくわからない。

「にょほほほほっ。カナンしぇんしぇい!とーきちの実力がわかりましたかァー??
とーきちは、とーきちは草でございますっ」

とか、わけのわからんことをほざいているが、とーきちの行動を見ているうちに、
実は、この店のお兄ちゃん目当てであることがわかってきた。

そう、とーきちは男が好きなんである。



booz'k.jpg

                                 booz'kのこうちゃんと中原さん


さらに流れ、たどり着いた「booz'k」。
いつも必ずここに帰ってくる、というバー。
マスターの山本晃次、こうちゃんとも長いつきあいだ。
明日、太秦でハモを食べることになってるというと、
ぜひ参加したいと中原さんは言って、一足先に帰っていった。


広沢池.jpg




そして翌日、泉涌寺の当番を終えて、太秦のたかっちゃんこと吉田孝司翁の車で西へ。
夕暮れ時の広沢ノ池でしばし遥かな景色と空を眺めて、
中原さんと合流し、太秦「とっくん」へ。

はも.jpg


はもまつ.jpg


久しぶりのはもしゃぶ、松茸入り、玉ねぎも相性よし。
さらなる牛タン焼き、雑炊ができるころに、
カメラマンのポイこと田口葉子ちゃんもやってきた。

牛たん.jpg


そこから、タッペギを呑みに近所の「まだん」へ。
私はここの上澄みが好きなのだが、今日は中と白しかないという。
それでも、キワキワのおいしさ。



たかっちゃんとポイと中原さんのあいだで、
何か楽しそうなたくらみも芽生えているようだ。

京都と鎌倉を巻き込んだ動きが出てきている。
なんか、楽しくなってきた。



中原さん。

私はお互い晩年になって知り合えた、得難い人だと、
いづれ友達に昇華できればと思っています。






posted by 瓜南直子 at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。